• 01 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • » 03
★多謝!我愛梁朝偉★
トニーレオンに関すること、トニーのお陰で観るようになった色んな映画のことなどを気ままに綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : アジア映画
「サヨナライツカ」舞台挨拶
DATE : 2010-02-08-Mon  Trackback 0  Comment 2
「サヨナライツカ」観に行こう~と思ってチケットを安く手に入れようと探していたところ、偶然にも2/7に中山美穂凱旋舞台挨拶があることを知った!
私こういう偶然が結構あるんです。初日と違い、簡単にぴあでチケットを手に入れられました♪

今回は旦那も一緒(中山美穂さんが好きらしい~)毎日夜中に帰ってくるハードな生活をしているご褒美?に連れて行ってやったのさ(偉そうやな)
奴はこういう舞台挨拶が初めてらしく、どんな感じなのか全く知らないのでドキドキしてたのでは?(笑)

映画に対するひどい評価なども事前に目にしていましたが、私個人としてはたくさんの人が係わって作ったものに部外者が無責任に酷評を与えることは大嫌いなのでスルーしていました。特に期待せずに観に行ったのですが・・・ラストは自然と涙がポロ~リX5回くらい。途中長いな~と感じる箇所もありましたが普通に楽しめました。

上映が終わり、マスコミの人たちがたくさん入ってきて舞台挨拶の準備。キンチョ~!トニーじゃなくても若干キンチョーしますよ。しかも中山美穂さんだけの予定が急きょ西島秀俊さんも来ることになり!一気にワクワク

映画館の後ろの扉から二人が登場!!ミポリン(笑)キレイ過ぎて興奮して雄たけびを上げてしまった!
西島さんは背が高い!カッコいい~
旦那も「中山美穂キレイだなぁ・・・」とつぶやいていた。当たり前だっつーの(笑)初めて生で見たのよね二人とも。

詳しいインタビューなどはコチラが詳しいです。

映画の中で着ていた衣装での登場でした♪

ミポリン涙

ミポリンが泣く瞬間を見ました・・・「年取ったのかな?涙もろくて・・・」と静かに語っていた。うん、うん、痛いほどわかります、その気持ち。とにかくとても感動してくれてこちらも嬉しかったですよ。
席は遠かったので双眼鏡持参でした。
つづきを表示
スポンサーサイト
page top
東京FILMEX「意外」を観に行きました。

映画祭で観たのは唯一この作品になりまする~

私のような映画初心者には場違いな場所ではないか!?とも思ったのですが、観に行って良かったです。最初から最後までアっと言う間。頭フル回転でとても楽しめました。
ストーリーの感想などは言葉で上手く説明できないので(最近自分がそういうのが苦手な右脳人間だと気付いた)他の観に行った方の感想などをご参照くださいませ。
次々に起こることが、これは事故なのか?それとも練られた作戦なのか?と疑いが疑いを呼ぶストーリーです。
冒頭からガラガラガッシャ~ン!!テンションアガル そして鮮血ドバドバシーンも見慣れてきました(笑)
それに相対する映画に出てくる香港の街並みや部屋の中の描写なども私は大好きです♪
白いホカベンの様な容器に入ったテイクアウトの食事風景も^^美味そう~

映画上映後ソイ・チェン監督がゲストで質疑応答がありました。監督は恰幅が良く、堂々としていてサービス精神旺盛!とても楽しいひと時を過ごせました。
こちらの映画は構想から入れると3年がかりで、撮影期間は17カ月だと仰っていました。街中での撮影や雨のシーンなどは大変御苦労なさったようです。
「監督はイケメンですが、元俳優ですか?」と納得いく質問をされた方がいて、「助監督時代にいい俳優が見当たらずとりあえず自分で演じてみたことがある。そしたら意外に好評だった♪」というような回答でした。ナルホド!!
終わってからロビーに出ると、監督がサインやら写真やらサービスしておりましたので、私も便乗~
チケットにサインと握手♪してもらいました。とても力強いお手手でしたよ思わず「惚れてまうやろ~」と心の中でつぶやきました(笑)そして目力のあるお方でした。

IMG_57491.jpg

IMG_5750.jpg

楽しく有意義な一日でした


追記
コチラに上映後のQ&Aの内容が載っていました。
page top
CATEGORY : アジア映画
裸足のクンフーファイター
DATE : 2008-07-08-Tue  Trackback 0  Comment 0
hadashi2.jpg

原題:赤脚小子  The Bare-Footed Kid
1993年・香港・日本未公開
監督:ジョ二ー・トー
出演:アーロン・クォック、ティ・ロン、マギー・チャン

香港レジェンド・シネマフェスティバルで観て来ました~♪
若き日のアーロンちゃんがお肌プリンプリンで、マギーはめちゃくちゃキレイで、ティ・ロンは渋くと~っても格好良く、ほんとに大満足でした。こちら今度DVDが出るそうですね。
カンフーものですので、肉体的に有り得ないことも(ナイフ刺さったまま戦うなど)たくさんで、早い動きに終始楽しまさせられっぱなしでした。
マギーが美しすぎ、ティ・ロンが格好良すぎでウットリ♪あるシーンで私はちょっと泣いてしまいました(周りにはバレていないでしょう)それほど、イイ!映画でした。
裏切りがあったり、余計なことをしたりで話しが望まない方向にいったりしますが、ラストで(笑)マギーちゃん良かったね!って感じでした。救われた~
いつも裸足であったが為に靴への異常な執着!それが災いの元でした(^^;)
page top
CATEGORY : アジア映画
「王妃の紋章」試写会に行きました
DATE : 2008-03-22-Sat  Trackback 0  Comment 4
王妃の紋章公式HP

王妃

王妃1

ジェイが出ているのですごく観たかったです♪前評判を観るとあんまり・・?な感じの感想が多かったですが、私はそれなりに楽しめたし満足でした♪

以下ネタバレ含みます
つづきを表示
page top
IMG_1174.jpg

香港映画祭、オーチャードホール「男兒本色」を観に行きました。
他にも観たいのがあったのですが、何せ平日昼間!この時期なかなか行かれません・・前の日の「鐵三角」を頑張って観に行ってればよかったとつくづく思いました。あのゲストの名前を見たらやっぱり行きたくなりますよね~♪
で、当然「男兒本色」にもショーンやニコ、ジェイシーも来てくれるもんだと勝手に思っていたので双眼鏡をお膝に乗せてワクワクしていたわけです(笑)・・何も無しでした。
ショーン、当初の予定ではファンミの日だったべ!ってガックリ。ファンミの申込を朋友がしてくれていました♪

でもこの映画はいずれ日本公開になるんでしょうかね?良かったです!
この日は給与計算というヘヴィな仕事の後鑑賞したのですが、そんな疲れも吹っ飛ぶほど派手なアクションや爆破シーンばかりでしたね~。
冒頭の現金輸送車がドッカ~ン!で笑ってしまいました。ああ、始まった~って感じで。
ショーン君はインファ2の時の印象とはかなり違って見えました。髪型のせいかな?目つきもすごい鋭くて(笑)拳銃の弾事件の後からもう何やってもおかしく見えるんですよ。ニコは復讐のためという大義があったし、なんかそれに便乗した暴れん坊的な感じでした。
ジェイシーの映画を初めて観たのですが、彼は演技派ですね・・役柄では弱そうな警官なんだけど心は熱血漢で見ていて応援したくなる感じでした。最後もね・・・足離せばいいのに・・って痛々しかったけど離せないようにしちゃってたんですものねぇ。
しかし相手はなかなか参らないんですよね。しつこいくらいに強くて強くて・・鉄人並みの強さでした。
ニコは鬚のせいもあってかなりいい男でした。腹筋割れてるし、足は頭の上まで上がるしさ。アクションも本当に体当たりですごく迫力ありました。撮影中怪我とかしたんでしょうね。

カッコいい二人が観られるだけで楽しみ♪と思って臨んだ映画ですが、ストーリーもなかなかで、結構感動させられました。私の斜め後ろあたりの人、爆笑していたかと思ったら思いきり泣いてるし・・泣いたり笑ったり忙しい映画だな~と思った。そういうとこ大好きです♪ただのアクションで終わらないところがすごくいい!
今後この3人の成長がとても気になりますね。そういう訳で東京フィルメックスで上映する「ドラマー」を観に行く予定です!
page top
ph06.jpg

カリスマヘアメイクアーティストの水島(本木雅弘)は、音楽祭の仕事で上海を訪れる。仕事も無事に終了し、ほっとした彼は一人で街に繰り出したものの迷子になり、いきなりリンシー(ヴィッキー・チャオ)が運転するタクシーに背後から追突される。びっくりした彼女は、水島をタクシーに乗せ走り出し……。

原題 THE LONGEST NIGHT IN SHANGHAI 製作年度 2007年 製作国・地域 日本/中国 上映時間 110分
監督 チャン・イーバイ
出演 本木雅弘 、ヴィッキー・チャオ 、西田尚美 、塚本高史 、ディラン・クォ 、和田聰宏 、サム・リー 、大塚シノブ 、竹中直人

先週の話になりますが、試写会に行って来ました。
つづきを表示
page top
CATEGORY : アジア映画
「墨攻」ジャパンプレミアに行きました
DATE : 2007-01-17-Wed  Trackback 1  Comment 11
1001354_02.jpg1001354_03.jpg

公式HP
丸の内ピカデリーでの「墨攻」ジャパンプレミアに行って来ました。
生アンディは堂々としていて、やっぱりスターの貫禄がありましたね。
着ている服もとても似合ってました。頭が坊主なのかお帽子をお召しになっており、帽子を脱いで頭を見せるというファンサービスも微笑ましかった。常に笑顔♪ずっと双眼鏡で覗いていた私も3秒くらい目が合ったど!開場の隅々まで視線を配り、小さく手を振ったりと。
他の方もいたせいか何だかおとなしかったような気もします。
この前に行われた渋谷でのイベントはものすごい人だかりになって、フィーバーしたようですね。今朝の目覚ましTVでちょこっとだけやってました。
ジェイコブ・チャン監督ってとってもかわいい♪クロさんの質問にとっさに答えることができずにアンディに振ったり、照れ屋さんなのかな?
アン・ソンギさんも穏やかな感じでして、映画の中の甲冑姿があんなに似合うとは!かっこよかったです。ファン・ビンビンもキレイでスタイル良かったです~。足がスラ~っとしててお人形さんみたい。

今回「墨攻」のストーリー全然予習せずに行き、物語の流れが掴めるか不安だったけど、出だしだけちょっとオロオロしましたが、後は期待を裏切らない素晴らしい映像でした!最高だね~。やっぱり中国の武侠映画はほんと素晴らしい!日本じゃこんなの撮れないですよね。
とにかく迫力のある音と映像。撮り方なんかも素晴らしいと思いました。この映画何気に音楽効果が良かった。映像ととても合っていました。

IMG_2917.jpg

写真撮ってはいけません!とは言われなかったので撮りました(笑)
でも撮った後係りの人に注意されましたが。遠いからズームにしちゃうとボケるし、フラッシュ付きで撮ったらこの暗さ。
つづきを表示
page top
CATEGORY : アジア映画
「ブラッド・ブラザース / 刺馬」を観ました
DATE : 2006-12-14-Thu  Trackback 0  Comment 2
f1f276ad868a6527.jpg  p1002491049.jpg

1973年作品 邵氏兄弟有限公司、ショウブラザース
第11回台湾金馬奨優秀演技特別奨受賞(ティ・ロン)
(監督)チャン・チェ
(出演)ティ・ロン、デビッド・チャン、チェン・カンタイ
(ストーリー)
山で出会って意気投合した馬新貽(ティ・ロン)、と張文祥(デビッド・チャン)、黄縦(チェン・カンタイ)の兄弟は、義兄弟の契りを交わす。だが、野心家で冷徹な馬は2人のもとを離れ、数年後には一国の将軍にまで昇りつめる。再会する3人。その喜びも束の間、黄の妻が馬と通じたことから、男たちの友情は残酷な結末へと向かう…。

アンディ、リンチェイ、金城武の「刺馬」が非常に楽しみです。1973年のこの映画のリメイクってことでレンタルしました~
一言、ハマった!オープニングに流れる縦書きの漢字、ドラの音。待ってました~。こういうのが昔から大好きだったのです♪嗚呼、これが30年以上も前の映画かと思うと何だか嬉しくなりました。そしてティ・ロンとデビッド・チャンのかっこいいこと!
私若い頃のデビッド・チャンめちゃくちゃ好みです。惚れました♪
あのニヤけ顔がたまらんです。お下げ髪スタイル大好き。辮髪とは違うオールバック風なお下げ髪。すぐ首にクルリと巻くあたりもおもしろい。しっかしデビッド・チャンのスレンダーな体。素敵~
これから観たい彼の映画がたくさんで困ってしまいます。

笑えたのが人間がコロコロと山から転がって来たり、多分平坦な場所でも無理やりコロンコロン。しかも長い!それと殴ったり蹴るたびにビシッ!バシッ!笑えました。マーがミランを助け?に小川に飛び込む時も何故にジャンプしながら?って感じでして。アクションがいちいち大袈裟なのもおもしろい。
義兄弟の契りを交わした3人だけど、結局は女が原因で殺し合いになってしまう。単なる歴史物かと思ったらそういう内容だったのですね。
兄嫁はマーに恋してしまって、関係を持ってしまう。兄が邪魔になったマーは兄を殺す様部下に命じる。それを察知した弟が兄に知らせようと駆けつけるが兄は聞く耳を持たない。次は弟が兄の敵討ちの為にマーを殺す。弟は逃げも隠れもせずにマーの部下達に心臓を抉り取られるという・・・最後はおぞましい。もし心臓を取り出すシーンが映ったら直視できなかったかも。後姿だけでよかった♪(ホッ)その様子を見ていた嫁。「あんたのせいで皆が死んだんだぞ!」って思いました~。歴史を狂わすのはいつでも女ってか。
今度の刺馬ではこの役をやる女優がまだ未定?なのかな。候補者は何人かいるけど一体誰になるんでしょうね。
リンチェイがティ・ロンの役でしょう。あんなシーンがあるのかと思うと今から楽しみ♪腰引けずにガッツリとやってくれないかな~。
page top
Copyright © 2005 ★多謝!我愛梁朝偉★. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。