★多謝!我愛梁朝偉★
トニーレオンに関すること、トニーのお陰で観るようになった色んな映画のことなどを気ままに綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
PIBF-1330.jpg

昨日はトニーレオン(梁朝偉)の「シクロ」を観ました。
ベトナムの輪タクで生計をたてていた青年が主人公なのでしょうが、
やはりセリフ少な目のトニーの存在感がすごい!目で語る語る・・
ベトナムの裏社会の現実というか、ちょっとグロい映像も盛りだくさんでした。
どんなに働いても貧しさから抜けられないんだなぁ。

青年と青年の姉二人ともトニー扮するヤクザの元締め?と関わり、人生の転落コースを歩んでるように見える。姉はトニーが好き、トニーも姉に強い思いを抱いていた。
姉に変な性癖のある客の相手をさせ、実はそんなことをしながら姉はまだ処女だったのです。
処女を奪われた相手をトニーが殺してしまう。
その後すべてが嫌になったのか、トニーは自分の家に火を放ち焼身自殺をしてしまう。
青年もヤクザの手下から足を洗うことができ、また元の生活に戻るわけだが。
やはりこの映画も一度観て登場人物の心理は何となくつかめたが、もう一度観てみたいという気にさせられた。
全体的な感想は、どこか悲しいやるせない気持ちでいっぱいになった。
トニーの生い立ちは多分貧しい地域の出身でその後ヤクザ稼業で生活をし、実家へ帰っても父からはたたかれ追い払われてしまう。
宿命というのかな?太陽の下で堂々と生活できない人種のやるせなさ。
堅気には今更戻れない運命。死ですべてを清算するしかなかったのか。

こういう悲しい男の役もピタっとはまってしまう、トニー。
本当にどんな役をやらせても最高ですね。

話変わりますが、いつも私が楽しく読ませて頂いているブログでトニー祭り開催だったので、私もかわいいトニーちゃん一つ貼らせて頂きます!
entertainment_0819_001_small.jpg

シクロから10年たってますがいい味出してきてますますいい男ですね♪
スポンサーサイト
page top
thumb_02.jpg

梁朝偉(トニーレオン)の映画”2046”がアメリカで上映です。
色んなメディアで早くも良い評価をもらっている。ハリウッドからもオファーが来てるとか・・
ちょっと寂しい気もしないでもないが・・
ただでさえ遠い存在なのに、ハリウッドだなんて、さらに雲の上の人になってしまうじゃないかぁ。
きっとアメリカの女性にもトニーは人気あるんだろうな。だってあんな魅力的な表情する43歳なんてこの世にあまりいないでしょう?かっこいいけど、かわいくて放っておけないタイプなんじゃないですかね?子犬のような濡れた瞳ってよく評されてるけど、あの目にやられた人達がほとんどなのでは?

私のfall in love tony storyは・・まず「英雄」で惚れる→「インファナルアフェア」で完全に落っこちた。→トニー実物を見て更に心酔→広東語を本気で覚えようと勉強を始める→誕生日カードを送る→本人?から直筆の返事をもらう。ってファン歴があまり長くないのに短期間でどつぼにはまったのです。
広東語に関してはやはり独学では難しく今のところお休み中です。
他にもやることがありすぎてそんな時間取れないのが現実です。

「英雄」から「インファ」までは好きは好きだけどここまでではなかったのです。かっこよくて色っぽくていい男だな~って。その時ジェットリーが結構好きで見に行ったのに、映画館出る時にはすっかりトニーのことが好きでした。
実は「インファ」は映画館では見てないのですよ。その頃映画とか見に行ける状況ではなくてその映画の存在さえ知らなかったのです!ファン失格!?で、なんで知ったかというと、これも信じられない話ですが今年の2月か3月に旦那がツタヤで「インファ」のビデオを借りてきて「お前、トニーレオン好きだったろ?」って言うから「何で急にそんなもん借りてくるんだろ?」って内心思ってて、あの映画の出だしが大仏だったでしょう。何じゃこりゃ?って正直思いました。
でも、でも~!!トニーの演技が最高に良かったのです!かっこよかった~!完全に落ちた!この私にこんないい獲物を差し出す旦那め、馬鹿か?それからお前なんぞ蚊帳の外。トニー一直線。
ちょうどその頃「インファ3」のジャパンプレミアがあり、それに応募して運良く当選!ついてるな!って思いました。だからあの時インファのビデオを見ていなければ今の私はないのです。ああ・・旦那に感謝かな?
とにかくトニーに出会えて本当に幸せです♪
page top
CATEGORY : トニーの映画
「ファイティング・ラブ」観ました
DATE : 2005-08-02-Tue  Trackback 0  Comment 0
kibf135.jpg

今週は「ファイティング・ラブ」を観ました。
毎週毎週トニー祭りです。

キャリアウーマン役のサミーチェンとモツ煮込み屋の店主のトニーレオンが演じる、ラブストーリー。
車の接触事故で二人は出会い、その後お互いの弁護士などを連れて話し合いの時に酔った勢いで関係を持ってしまう・・
でもトニーにはTVタレントの恋人がいたのです。
その恋人との別れを決意したものの、強い押しに負けて婚約してしまう。
サミーが去ろうと決心して自分の家に帰り眠っているところに、トニーが登場。お互いの愛を確かめ合い、ハッピーエンド!
軽い感じのラブストーリーで観ていて楽しかったです♪
だんだんとお互い惹かれあっていく場面がかわいくて。
トニーの自宅でのプールで二人が足だけ浸かってお酒を飲んでるシーン、いいなぁって思いました。二人を見守るトニーママもいい感じ。
ラストがプリティウーマンと似てるなって思いました。

あんな素敵な人と接触事故起してみたい!
page top
Copyright © 2005 ★多謝!我愛梁朝偉★. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。