★多謝!我愛梁朝偉★
トニーレオンに関すること、トニーのお陰で観るようになった色んな映画のことなどを気ままに綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
20060911103205.jpg製作国 香港
初公開年月 1989/01/
監督: スタンリー・クワン
出演: チョウ・ユンファ、 カム・イン・レイ、 トニー・レオン、 アイリーン・ワン


(ストーリー)
モデルのビリーは、パリでの仕事を終えて香港に帰ってきた。同じく台湾出身の、女優のリュー、歌手のチューらと知り合いになり、チャンという男とも巡り会う。すぐに二人は愛し合うようになって、四人は一時を楽しく過ごす。だがやがて、深夜に帰宅したリューはチューの死体を発見して……。芸能界にあこがれる三人の女性と、彼女たちに惹かれる刑事の姿を描く。


トニーが若いです!若い頃のトニーって本当に甘い表情するって言うか、見ていて「あれじゃ相当モテただろうなぁ・・・」とついつい考えてしまいます。この映画の中でもモテモテ君。わかるな~と実感。
チョウ・ユンファの地下情「追い詰められた殺意」・・・主役はトニーなのでは??時々香港映画の邦題ってヘンテコリンなのありますよね。追い詰められた殺意とは??結局誰がチューを殺したの?
ユンファがトニー達に付きまとうのは、最初犯人と疑ってのことかと思ってましたが、あの男女の仲間に入りたかったんですね。
最後はガンで死んでしまうのですが、トニーに向かって「お前は自分と似ている」みたいなことを言います。トニーも自分のことをカミングアウトしてました。「何人の女と寝たと思う?何人の女がいたと思う?」あちこちの国にいたことがあり相当モテたであろう武勇伝を語っていた。そんなに遊んでいたの!?ってちょっとジェラシー(笑)
お米の上でビリーとやっちゃう時(あの米後でどうするんだろう?)って思いつつも、いいなぁぁ・・(羨)
いつも思うのですが、若い頃のトニーの横顔の唇ってふっくらしていて本当に柔らかそうだなあって♪今はふっくらと言うより大人の色気たっぷりの口元だと思います♪どっちも好きです♪

あと2本とても楽しみにしているトニーのDVDがあるのでまた観て記事書いてみたいと思います。
スポンサーサイト
page top
Copyright © 2005 ★多謝!我愛梁朝偉★. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。