★多謝!我愛梁朝偉★
トニーレオンに関すること、トニーのお陰で観るようになった色んな映画のことなどを気ままに綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : その他洋画
「マリーアントワネット」を観に行きました
DATE : 2007-01-27-Sat  Trackback 0  Comment 0
325318thumb003.jpg325318thumb005.jpg325318thumb011.jpg
公式HP

誰もが知っているフランスの王妃、マリーアントワネットの物語です。
ベルサイユのバラでマリーアントワネットにすごく興味を持ち、世界史の授業ではこのあたりのフランスの歴史はバッチリ!他は赤点でした(笑)
この映画が公開になると知った時、ストーリーはどうであれ絶対観たい!って気持になりました。アントワネット大好き♪

観終わった後にとても不思議な感覚な映画だったな~ってしみじみ思いました。その日よりも翌日のほうが「あの映画結構よかったかも」って思えるようになりました。
冒頭にパンクな音楽が流れ、ピストルズを思わせるような文字。え~!?こんな感じで話が進んでいくの?ってちょっとガッカリというか不安感に襲われた。所々そんな音楽が流れたが、大体はあの時代の様子をよく描いていたと思う。ちょっと幼稚な感じのアントワネットでした。演じた女優さんが親近感ある感じで親しみが持てました。

オーストリアからフランスへ嫁入りに行く時の馬車とか、とにかく馬車の場面が素敵でした。パカパカお馬さんのヒズメの音がたくさんでとってもかわいい馬車。その光景がとても美しかったです。もちろんアントワネットのドレスとかもとってもかわいい♪首やウェストにリボンを巻くのがキュートだった。
ベルバラでお馴染みのポリニャック婦人、デュバリー、フェルゼン、メルシー伯♪う~ん懐かしい!フェルゼンとアントワネットの愛にはとても憧れていたものです。ああやって普通の人みたいに会ってやっちゃうんだ・・
アントワネットとルイがなかなか夫婦になれなくて、何も知らない人達の陰口を聞いてアントワネットが一人部屋で泣き崩れるのがちょっとかわいそうだった。悲劇の皇女って言われる所以がわかりますね。無邪気がゆえに民衆や貴族の反感をかったり・・
不思議なのはどうして朝ネグリジェを着たままお風呂に入るんだか?
朝からあんな食事じゃ胃がもたれるわな。毎日毎日贅沢してたら本当の贅沢なものとかがわからなくなっちゃうんだろうな。麻痺しちゃうっていうか。
子供を産んだ後は王からプチトリアノンを送られ、アントワネットは自然の中で子供たちとのびのび暮らせていた。ドレスも質素な感じでした。
最後は皆さんお馴染みのギロチンの刑ですが、そこは映画にはありませんでした。パリに連れて行かれるところでオシマイ。それが何となくあっけない終わり方だったかな。彼女の良かった時代と苦悩、成長を描いた話で終わってかえってよかったのかもしれませんね。

私は結婚する前に友達とパリに旅行に行きました。会社も退職して気分的にはそれは人生最高の旅行でした。昔からフランスは行ってみたくて、一度は湾岸戦争のテロを懸念して諦めた場所だったし。
フランスに語学留学中のもと会社の同期の友人と待ち合わせ、色々と案内してもらいました。ヴェルサイユも友人の案内で連れて行ってもらいました。本当にキレイ!庭が素晴らしかったです。もちろんアントワネットのベッドなども見ました。う~ん、ここでアントワネットは暮らしてたのねって自分の中では当時にタイムスリップしてひたっていましたね(笑)ああいう貴族社会があったからフランスって色んな素敵なものがあるのですよね。一流ブランドもそうだけど、料理もワインも。町並みも素敵でした。またいつか行ってみたいなぁ・・・
スポンサーサイト
page top
CATEGORY : その他洋画
「硫黄島からの手紙」を観に行きました
DATE : 2007-01-26-Fri  Trackback 0  Comment 0
iojima.jpgiojima2.jpg

公式HP

「父親たちの星条旗」は観ていないのですが、これは是非観ておきたいと思ってちょっと前に観に行って来ました。
この映画の公開前にTVで戦場の郵便配達というドラマを観たのですが、涙が止まらず熱い思いが噴出すようでした。小学校時代に「ガラスのうさぎ」という本を読んでとっても印象に残ってて、初めて本を読んで号泣した記憶があります。それ以来戦争に関する映画やTVなど結構観てしまうようになったのですが。恥ずかしながら、硫黄島での激戦の様子はあまり知識がありませんでした。マリアナ諸島玉砕の後、本土を守る最後の砦となった島です。
そこで数日で陥落するはずの日本軍が1ヶ月以上も戦い、持ちこたえた物語です。
ドラマの市丸利之助とこの映画の栗林がかぶる部分があるのですが・・
どっちが本当なのか?って思いましたよ。米国人が作ったのだから多少の食い違いは仕方ないか。
人も住めないあんな島にたくさんの人が集まり、米国の攻撃に備えて穴を掘る作業がとても大変そうだった・・水がないって・・赤痢などで死んでゆく兵士もたくさんいたそうです。しかも誰もがいずれ死ぬってわかっていながら命令に従って作業を続ける。その虚しさと言ったら。自分では絶対我慢できないと思った。

命令に背いたら罰を受けるか殺される。そんな状況下にいたら精神がおかしくなってしまうでしょう。まさに生きるか死ぬかの毎日。
米軍に攻撃されて腕から血がジャージャー出るシーンや、自決(手榴弾を腹に抱えて爆破)の後の体など、結構グロい映像があり、全体的に感度が悪いようなちょっとトーンを落とした様な画像だったのでまだ見られたかなって思った。自決の後なんて下半身はズボンはいてるのに、上半身はオレンジ色のミンチ状態だし・・・でも実際はああなんだろうなって思った。自分だったら絶対自決なんてできないよ。だから敵軍からの襲撃の時も死んだふりして後から逃げようとか思う。ほんと、当時だったら非国民だな。

二宮達が敵の砲弾を避けながら最後の砦まで走り逃げるシーンは、ドキドキでした。絶対流れ弾に当たるだろうって!でも運がいい人は逃げ切れるのです。隊も玉砕か攻撃か投降か色んな派閥ができたり。獅童なんて敵機を爆破させようと死んだふりしながら待ってたのに、結局最後は捕虜になっちゃうし。二宮も最後米軍に殺されないで良かった♪スコップ振り回してクレイジー者扱いされたが、まさに気がふれていた状態だったんだと思う。

日本軍が追い詰められていく様がとても緊迫感あるように描かれていて、終始ドキドキして観ていました。映画の途中で泣くことはなかったです。終わってからジ~ンときてしまいましたけど。やっぱり日本人が作る戦争映画とは一味違う気がしましたね。私はドラマで観た「戦場の郵便配達」のほうが激しく悲しかった。

この硫黄島が占領された後の日本はもう坂を転がるように終わりに近づいていきます。最後は原爆の唯一の被爆国になり今もずっと苦しんでいる人達がいるのです。それだけは許されないことだとは思うんですけどね・・

こんな若者達もいたんだってことも絶対忘れてもらっては困ります。

つづきを表示
page top
お~手~手~つ~ないで~

20070124173229.jpg

ガシ!!っと力強い男を感じさせる手の繋ぎ方・・・

トニー・レオンとカリーナ・ラウ(女は男の三歩後ろを歩きます)

U1716P28T3D1414947F326DT20070117184003.jpg

なんかとっても嬉しそうなトニーさん♪
わしゃあ、とにかく羨ましいぞ~~  何か幸せそうなお二人・・

michizure.jpg

精悍な表情のトニーさん。かっこいい
チラリと見えるカリーナのアンヨ、縦すじ入っちゃうほど細いのね・・・
自分太ももだけは異常に太い女です。部分痩せダイエットはじめよ。
自分はやっぱり好きな人とお手手繋ぐ時は指組み手つなぎですな!
ああ、トニーと指組み手つなぎしたい!
page top
CATEGORY : アジア映画
「墨攻」ジャパンプレミアに行きました
DATE : 2007-01-17-Wed  Trackback 1  Comment 11
1001354_02.jpg1001354_03.jpg

公式HP
丸の内ピカデリーでの「墨攻」ジャパンプレミアに行って来ました。
生アンディは堂々としていて、やっぱりスターの貫禄がありましたね。
着ている服もとても似合ってました。頭が坊主なのかお帽子をお召しになっており、帽子を脱いで頭を見せるというファンサービスも微笑ましかった。常に笑顔♪ずっと双眼鏡で覗いていた私も3秒くらい目が合ったど!開場の隅々まで視線を配り、小さく手を振ったりと。
他の方もいたせいか何だかおとなしかったような気もします。
この前に行われた渋谷でのイベントはものすごい人だかりになって、フィーバーしたようですね。今朝の目覚ましTVでちょこっとだけやってました。
ジェイコブ・チャン監督ってとってもかわいい♪クロさんの質問にとっさに答えることができずにアンディに振ったり、照れ屋さんなのかな?
アン・ソンギさんも穏やかな感じでして、映画の中の甲冑姿があんなに似合うとは!かっこよかったです。ファン・ビンビンもキレイでスタイル良かったです~。足がスラ~っとしててお人形さんみたい。

今回「墨攻」のストーリー全然予習せずに行き、物語の流れが掴めるか不安だったけど、出だしだけちょっとオロオロしましたが、後は期待を裏切らない素晴らしい映像でした!最高だね~。やっぱり中国の武侠映画はほんと素晴らしい!日本じゃこんなの撮れないですよね。
とにかく迫力のある音と映像。撮り方なんかも素晴らしいと思いました。この映画何気に音楽効果が良かった。映像ととても合っていました。

IMG_2917.jpg

写真撮ってはいけません!とは言われなかったので撮りました(笑)
でも撮った後係りの人に注意されましたが。遠いからズームにしちゃうとボケるし、フラッシュ付きで撮ったらこの暗さ。
つづきを表示
page top
もうすぐです。今夜アンディラウに会えます!
今からちょっとドキドキしております。アンディが登場した時の凄まじさを知っているだけに、血圧が一気に上がること間違いないでしょう。

toniandy.jpg

トニー、ごめんなさい。今夜は左のお方にキャーキャー言ってしまうのを許して下さい。


墨攻のストーリー全然わかっておりません。でも中国の歴史物は好きなので楽しめそうです。
今日は渋谷109前でも夕方イベントあるらしいですね。アンディって来日した際には必ず色んなイベントに出てくれるからファンの方にとっては嬉しい限りでしょうね。昨日もファンミあったみたいですし♪羨ましい~~

bokko.png

page top
CATEGORY : その他
「墨攻」観に行きます
DATE : 2007-01-11-Thu  Trackback 0  Comment 2
niginigi.jpg

にっぎにぎ、ワックワク♪にっぎにぎ、ワックワク♪


1/16の「墨攻」のジャパンプレミアに行くことになりました。
ネットにへばり付いてチケット取るの大変でしたが、何とか取れましたので生アンディを観に行きます!
忙しい最中ではありますが、仕事の後行きます。終わるのも随分と遅い時間ですよね・・・

「インファナルアフェアⅢ」の時のジャパンプレミアを思い出しますね~あの時の生アンディの素晴らしいオーラが忘れられません。
始まる前、ホテルの駐車場から会場に抜ける通路にトニーのボディーガードが居たってことは、トニーが通った後だったんだ・・と後から気付いて。私ったらバカね、そこにずっと居ればトニーと握手くらいさせてもらえたかもね。
「傷城」の時はどんなふうになるんだろう。抽選だったら当たるのは運任せだし、考えたら緊張してきました(笑)
page top
昨日帰宅すると某ショップからトニーレオンの福袋が届いておりました♪何が入っているのやら。ワクワクしてダンボールを開けてみた。

tonipo.jpg

まずはポスター2枚。ヤンの名前の前に「無間浪子」って書いてある。どういうことだろう??

tonisha.jpg

お写真たくさん、1枚だけやたら古い若すぎるトニーが混じっていた。まるで別人みたい。

tonishasin.jpg

これまたサイズの大きいお写真たくさん。

tonija.jpg

あとはグッズの数々・・左上から時計回りで
・おそらく何かのタネの入っている缶。水入れると発芽するのかな?
・トニーマグネットにトニーキーホルダー、トニーピンバッチ。どれもこれも手作り感のあるピンボケしたお顔です。キーホルダーは会社の鍵とかに使っちゃおうかな~
・英雄のVCDっぽいんだけど良く見ると、色んなものが入っています。F4とかも・・
・トニさんシール
・かわいい青ジャージ姿のアルバム。どうしてこの姿なの?まるで子供の体育着みたいでかわいい♪考えるポーズの偉仔
・再びトニさんシール

使えるのか使えないのかわかりませんんが、一気にトニさんグッズが集まりました。
帰宅した旦那「これ全部でいくらした?」
忘れましたわ・・(笑)

早速生写真をこのかわいいジャージアルバムに入れました。

page top
明けましておめでとうございます!

umi.jpg


トニーのファンになってもうすぐ2年です。今年は多分来日するでしょうし、益々彼の魅力にハマるはず。
どうか生のトニーレオンさんに会えますように!絶対会いたいです!
「赤壁」の撮影と重なり忙しいでしょうが、少しの時間でよいので来日して下さい♪お待ちしておりま~す。

そしていつも来て下さる皆様、このような大したことないブログなのにいつもコメント下さったりありがとうございます。年末映画も何本か観ましたが、時間が取れず感想も書いておりません。5足の草鞋状態くらいの生活をしているせいか何もかも中途半端で浅く広くって感じになっちゃいますけど、せめてトニーのことに関しては頑張って色々と書いていきたいと思います。
今年もよろしくお願い致します。
page top
Copyright © 2005 ★多謝!我愛梁朝偉★. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。