★多謝!我愛梁朝偉★
トニーレオンに関すること、トニーのお陰で観るようになった色んな映画のことなどを気ままに綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
傷だらけの男たち公式HP
まだ全然情報なし・・・

ジャパンプレミアとかどうなるんでしょうね。
そろそろ何か動きがあっても良いんだろうけど・・・

ne~.jpg

ト:ねえ、ねえ、どうなってんの~?
ア:知らんがな。
スポンサーサイト
page top
CATEGORY : 日本映画
「俺は、君のためにこそ死ににいく」試写会に行きました
DATE : 2007-04-20-Fri  Trackback 0  Comment 0
324782view001.jpg

太平洋戦争末期、軍の指定である富屋食堂を切り盛りする鳥濱トメ(岸惠子)は、地元の知覧が特攻基地となったことを知る。トメは家族と離れて出撃を待つ若者たちが自分に会いに来ては飛び立っていくことを引き留めることもできず、複雑な思いを胸に秘めながら母親代わりとして慈愛の心で彼らを見守り続けていくのだが……。

製作年度 2007年、監督 新城卓、製作総指揮 石原慎太郎
出演 岸恵子 、徳重聡 、窪塚洋介 、筒井道隆 、多部未華子 、前川康之 、中村友也 、渡辺大 、木村昇 、蓮ハルク 、宮下裕治 、中越典子 、桜井幸子 、戸田菜穂 、宮崎美子 、寺田農 、勝野雅奈恵 、中原丈雄 、遠藤憲一 、江守徹 、長門裕之 、石橋蓮司 、勝野洋 、的場浩司 、伊武雅刀

試写会2つ当たりました。10代の若者から元軍人を思わせるお爺ちゃんまで、盛況でしたね!
当然泣けますが・・・案の定出だしから涙涙でした。
つづきを表示
page top
傷城・・・邦題「傷だらけの男たち」7/7に日本公開という噂が飛び交っております。最近トニーさんの動向をチェックしていなかったらいつの間に!?でも確実でもないとか??

しかし・・・傷だらけの男たちって・・すごいなぁ
一体誰だ?傷だらけの男たちだなんて。なんか昔の日本映画(ポスターに縦書きの題名)を彷彿とさせますね
~嗚呼、傷だらけの男たち~ その時奴は裏切った!(笑)

kizudarake.jpg


あっし、傷だらけの男ですわ~

トニさん、ピンクも似合うのね 
page top
トニーが再び「赤壁」に周瑜役として復帰したとか?
完全に決まりかわかりませんが・・・ちょっと嬉しいですね

c6a9a0cd7f44326acfd6528b1d5f22dc.jpg

周瑜と言えば、美男子というイメージがあったのですが、もう一回漫画見直さないとわからないなぁ・・
静かに動向を見守りたいところです
page top
ギロッ

DVC00017.jpg


「色戒」の配給会社WISEPOLICYのラインナップマガジンWISEPOLICY07/08をゲッツ致しましたぁ!何冊かかっさらったことをお許し願いたい♪

表紙は・・・トニーがこっちを見て微笑んでいます。
中身も4ページくらいトニーが堪能できますよ。

DVC00016.jpg

無料配布とは思えないほどキレイなお雑誌であります

公開は来年の正月かぁ・・・もっと早く観たかったな。
ところで傷城の情報は?韓国では5/24公開とか?

page top
CATEGORY : その他洋画
「ドリームガールズ」を観に行きました
DATE : 2007-04-11-Wed  Trackback 0  Comment 0
326032thumb004.jpg326032thumb007.jpg326032thumb011.jpg

原題 DREAMGIRLS 、製作年度 2006年、製作国・アメリカ
監督 ビル・コンドン、原作 トム・アイン
音楽 ヘンリー・クリーガー
出演 ジェイミー・フォックス 、ビヨンセ・ノウルズ 、エディ・マーフィ 、ジェニファー・ハドソン 、アニカ・ノニ・ローズ 、ダニー・グローヴァー 、キース・ロビンソン 、シャロン・リール 、ヒントン・バトル 、ジョン・リスゴー 、ロバート・チッチーニ

エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)の3人組は、コーラスグループ“ドリーメッツ”を結成し、成功を夢見てニューヨークへ旅立った。やり手マネージャーのカーティス(ジェイミー・フォックス)に見出され、大スターのジェームズ・“サンダー”・アーリー(エディ・マーフィ)のバックコーラスとしてデビューするが……。


観たい観たいと思いつつも、なかなか時間が取れずやっと観ることができました。一言、良かった!!
この手の音楽とか全く知らないし、実際のところどうなんだろう?と思い何も考えずに観ましたよ。これは素晴らしい♪映画代金でコンサートに行ったかのような錯覚に陥り、歌が終わる度に思わず拍手しそうになり、危ない危ない・・やはり大画面大音量で観るべき映画でした。
特にエフィー役のジェニファー・ハドソンの歌声には痺れました右尻あたりがゾゾゾ・・と。いい音楽聴くといつもゾゾゾとします。鳥肌立つってああいうことなんでしょうね
そして思い切り歌いたい心境になる映画ですね・・・自分声量ないからああいう風に大口あけて腹の底から歌える人見ると羨ましいです。やっぱり黒人の人は歌うまいなぁ・・・温かみがあるんですよね。だからソウルって言うんでしょうね。歌うことは体にもすごくいいことみたいですから、久々にカラオケにでも行きたくなりました(笑)

カーティスはマムシ野郎だと言われてたけど、やっぱり根はそうだったんだと思うと・・人間の欲望とは恐ろしいと感じました。黒人のために皆で頑張って歌って、アメリカで黒人の歌手の地位を獲得するのが当初の目的だったんでしょうけど、後には歌をビジネスとして扱うようになる。これはいたしかたないでしょうけど。エフィが抜ける時は悲しくて泣いてしまった。しかしあの時のエフィはすっごい!心の叫びでしたね。セリフもミュージカル仕立て。
エディマーフィーもああいう髪型するとかっこいいですね♪ビヨンセもほんとキレイでした・・・
裏切りや騙し合い、平気でやっちゃうんだからねぇ・・・金、金の世界ですか!
最後は皆さん原点に戻るっていうことで。しかし自分の理想とビジネスの間で衝突するのは止むを得ないですよね。自分がいいと思っていても売れるかどうかって話になるとね。

歌あり涙あり、人間の欲望ありの映画で、お金払った以上に満足できると思いました。(めずらしく正規の料金払って行ったけど後悔しなかったし)是非!


page top
Copyright © 2005 ★多謝!我愛梁朝偉★. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。