★多謝!我愛梁朝偉★
トニーレオンに関すること、トニーのお陰で観るようになった色んな映画のことなどを気ままに綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今日は月末でお仕事忙しいのですが、トニーのヴェネチアでの様子が気になり、出社して一番のお仕事・・中華検索サイトへGO!(笑)
同じような画像ばかりしか出てきませんが、トニーの晴れ姿ですから記録しておきたいと思います♪

思わずこちらもニンマリ♪爽やかな笑顔です!!良かったね、トニー♪

iro5.jpg


皆さん揃って

iro2.jpg


iro3.jpg


iro4.jpg

レッドカーペット!
赤絨毯がこれほど似合う男はいませんよね(笑)

iro7.jpg

トニさんの人の良さが滲み出ているハニカミ笑顔

iro1.png

皆いい笑顔です♪  トニ~かわいい

iro8.jpg

日本での公開が待ち遠しくて仕方ないです。アメリカではNC-17指定で過激な裸体があるとかないとか物議を醸しておるようです。トニーの体当たりの演技を楽しみにしております!


スポンサーサイト
page top
CATEGORY : その他洋画
「消えた天使」を観に行きました
DATE : 2007-08-29-Wed  Trackback 0  Comment 4
327741thumb003.jpg 327741thumb004.jpg

原題 THE FLOCK 製作年度 2007年 製作国・地域 アメリカ
監督 アンドリュー・ラウ
出演: リチャード・ギア 、クレア・デインズ 、アヴリル・ラヴィーン 、ケイディー・ストリックランド 、レイ・ワイズ 、ラッセル・サムズ 、マット・シュルツ 、クリスティーナ・シスコ 、ドウェイン・バーンズ 、エド・アッカーマン 、フレンチ・スチュワート

性犯罪登録者の監視を続けてきた公共安全局のベテラン調査官バベッジ(リチャード・ギア)は、後任の新人調査官アリソン(クレア・デインズ)を指導するが、アリソンはバベッジの手荒な調査方法に反発を覚えるようになる。そんな中、10代の少女の失踪事件が起き、バベッジは性犯罪登録者のしわざだと確信するが……。
 
アンドリュー・ラウ監督のハリウッドデビュー作とくれば、観に行かないわけにはいかず、ちょっと前になりますが行って参りました。
上映途中地震が2回くらいあって、ちょっと落ち着かなく、逃げる準備もしちゃったりで(笑)
なんか・・想像していたラウ監督の作品のイメージと違ったようでした。サイコサスペンスで性犯罪者ってことで怖いシーンもあるのかなぁ?と心して観たのでさほどショックを受けるものではなかったけど・・・「切断マニア」という雑誌が出て来たあたりからドキドキして観ていました。
子供時代はホラー漫画ハロウィンとか友達と平気で回し読みとかしてたのに、最近はこの手のものが苦手になりつつあります(^^;)
変態の館みたいな所で、女性が縛られていて後ろからナイフで切られるのかとヒヤヒヤで顔を手で覆って指の隙間から見たい心境にかられた。(うわ、切っちゃうの?切っちゃうの?)それと一度会った女の子が殺されて色々された死体のカバーをめくる時!(ウゲ!!)
これはホラー映画ですか?隣の夫婦途中退室しておりました(笑)リチャード・ギアってことで勘違いして観に来たんでしょうか?もはや昔のナイスガイの面影のないリチャードでしたが。
しかしアリソンは女でありながら性犯罪者の監視をするなんて・・普通怖いですよね。自分が餌食にされる可能性もあるわけだし。
床屋の女があんな奴とは・・自分は被害者だと訴えてるような感じでしたが、きっとバベッジは何かを見逃さなかったのでしょう。
荒野を電車が通り過ぎるシーンはその場にいるかのような臨場感でした。傷男のハイウェイのシーンを思い出しました。

日本では性犯罪者の扱いってどうなってるんでしょうね。アメリカでは登録制にして一応監督してるいような感じですが、犯罪者同士が関わりを持ったり怖い一面もありますね。ああいう抑えきれない欲望の被害者は必ず子供や女性など弱者です。時代の背景があるんでしょうか・・
とても怖いと思いました。

ラウ監督はやっぱりアジアで活躍して欲しいと強く思った次第であります。

page top
脳内メーカーでお遊びしました(笑)

何!?

0040@113422.jpg

つづきを表示
page top
CATEGORY : 日本映画
「陸に上った軍艦」を観に行きました
DATE : 2007-08-22-Wed  Trackback 0  Comment 0
327941_01_08_03.jpg

監督: 山本保博 原作: 新藤兼人 脚本: 新藤兼人

(解説)
巨匠・新藤兼人監督の戦争体験を、新藤監督自身の証言と脚本で描き出した異色の反戦ドキュメンタリー・ドラマ。新藤監督が自ら語るドキュメンタリー部分と、その実体験を詳細に再現したドラマ部分の2つから構成。1944年春、松竹大船脚本部のシナリオライターだった32歳の新藤兼人のもとに召集令状が届く。そしてそのまま、広島県の呉海兵団に二等水平として入隊した新藤兼人だったが…。

オフィシャル・サイト

懸賞で鑑賞券が当たったので、今月上旬青山で用事があったついでに渋谷まで観に行きました。本来ならTOKKOを観たい気分でしたが、時間も合わずせっかく渋谷に来ているのに機会を逃してしまった。この上映映画館初めて行ったのですが、なかなか辿り着かずひたすら歩いていたらホテル街にございました。
人でごった返している。私らが着いた時はほぼ満席で一番前の席で観るハメに・・

95歳の監督新藤兼人さん。ご本人の体験を元に作られた作品です。
あの当時ではほんとに中年て年齢で海軍2等兵になり、辛い体験をたくさんし、仲間のこととか、馬鹿げた話とか盛り込んで、こんなに笑った戦争映画って初めてでした。普通なら涙タラタラと泣く自分が笑っている・・
その時100人招集され、生き残ったのは新藤さん含むたったの6人です。私の記憶が正しければ・・60人は南方行きの輸送船が襲撃され戦死、30人も同じような死に方。4人は日本近海の駆逐艦に乗り連合軍に攻撃され戦死。残りの6人は毎日毎日年下の上官に殴られしごかれ、予科練の世話役みたいな仕事をしていたそうです。

途中途中新藤さん本人(浴衣姿でテーブルに座って話す)のコメントが入り、戦争の虚しさがよく伝わってきました。これは静かだけどかなり心に染みる反戦映画です。日本軍のバカげた様子もリアルにわかるし、どんな気持ちで毎日を過ごしていたのかもよくわかります。
入湯上陸の際の様子も・・実際ああだったんだろうな~って思いました。かわいそうだったのは新藤さんの仲間が家族と公園で面会しお弁当を食べているところに年下の上官が通り、その時挨拶をしなかったって理由で奥さんや子供の見ている目の前でメッタ打ちにされる場面。こんな屈辱ってありますか?戦局の悪化した戦争末期は、上官達もイラついていたんでしょう。部下虐めによって憂さ晴らししていた感じです。海軍特有の甲板磨きやバッター、罰の飛行機・・あんなことしていて勝てるの?予科練なんかだと注入棒が粉々になるまで殴られるって話も聞きました。

一番笑えたのは・・・靴を前後ろ逆に履いて前進する訓練をしているところでした(笑)その理由は、靴の跡が地面についた時に、敵は日本軍が逃げて行ったと思うからだそうです。ハァ!?って感じです。しかも靴を紐で足に縛ってるし。本当にそんなことやってたんですか?

戦争映画によくある激しい戦闘場面や、思いきり泣けるシーンはほとんどありません。違う方法で我々に訴える反戦映画でした。


page top
色・戒  楽しみですね♪

目力のあるトニー  何か困ったことが起きたのかな?

U1584P28T3D1668710F326DT20070808165032.jpg


軍人スタイルの詰襟の服・・立ってるのは日本陸軍兵か??

U1584P28T3D1668712F326DT20070808165035.jpg


何かが起こった後な雰囲気・・後ろのほうに女性が裸?で

U1171P28T3D1657457F329DT20070730174712.jpg


9月には中華圏で公開されるみたいですね。日本では来年のお正月。
中華サイトではたくさん写真があって、見れば見るほど、映画の公開が待ち遠しくなります♪静止している状態でコレですからスクリーンで見たら・・・

page top
CATEGORY : その他洋画
「グッド・シェパード」試写会
DATE : 2007-08-18-Sat  Trackback 0  Comment 2
good.jpg

製作国 アメリカ
初公開年月 2007/10/
監督: ロバート・デ・ニーロ
出演: マット・デイモン(エドワード・ウィルソン) アンジェリーナ・ジョリー(クローバー)アレック・ボールドウィン(サム・ミュラッハ)タミー・ブランチャード(ローラ)ビリー・クラダップ(アーチ・カミングス)ロバート・デ・ニーロ(ビル・サリヴァン将軍)他
(ストーリー)
第二次大戦間近のアメリカ。イエール大学に通うエドワードは、FBIとの接触やサリヴァン将軍からスカウトされたことを機に、国の諜報活動に従事していく。また一方、耳の不自由な女性ローラと運命的な出会いを果たすが、友人の妹クローバーを妊娠させたことから彼女と結婚する人生を選ぶことに。しかし、ほどなく戦略事務局(OSS)の一員としてロンドンへ発ち、クローバーとは疎遠状態になってしまう。1946年、エドワードは久しぶりに家族のもとへ戻り、息子と初めて対面、改めて幸せな家族を築くことを誓うのだった。だが時は冷戦時代、OSSの流れを汲んで創設されたCIAで働き始めたエドワードは仕事に没頭し、家庭との溝がますます深まっていく。やがて、成長した息子もCIAに。そして61年、CIAを揺るがす大事件が発生する…。

オフィシャル・サイト

夏休み第一日目に試写会に行って来ました。


つづきを表示
page top
「赤壁」の撮影現場・・・かなりの猛暑のようですね。
こんな時期に重い甲冑着て撮影なんて、考えただけで心配です。

atsuinatsu2.jpg


白いTシャツか肌着を着ているのがトニー。
撮影が終わり、撤収なのか次への移動なのか?
群衆にまみれて歩いております。ほんとに辛そうです。
暑いんでせう・・暑いんでせう・・
ますます痩せた感じで・・・


atsuinatsu.jpg

早く涼しい所に移動して体休めて下さいね♪

page top
今朝ものすごい雨に当たってしまい、レインコートにレインシューズで出勤しましたが・・・昼前から晴れてしまって暑い暑い。
けどクーラーにやられたようで、昨晩はだるくてなんと9時半に寝てしまいました!いつも1時とかなのに・・・

暑中お見舞い申し上げます

7.jpg


トニさん効果かわかりませんが(笑)・・・サマージャンボ宝くじ30枚が当たりました!書留郵便なので何かとビクビクして受け取ったら・・(カード会社のキャンペーンに登録しておいたら運良く当たったようです)
宝くじが当たったわけではないのに、回りの人間は早とちりをしております(笑)当たるチャンスが30回分当たったってことです。
今までせいぜい購入しても10枚がいいところだったけど、今回は買わずにして30枚も。結果が楽しみであります。

IMG_0866.jpg

1枚くらい当たってくれ~~

page top
Copyright © 2005 ★多謝!我愛梁朝偉★. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。