FC2ブログ
★多謝!我愛梁朝偉★
トニーレオンに関すること、トニーのお陰で観るようになった色んな映画のことなどを気ままに綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : トニーのこと
ラスト、コーション 日本版イメージソング
DATE : 2007-11-12-Mon  Trackback 0  Comment 2
以下スポーツ報知より

歌手の中(あたり)孝介(27)が、今年のベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞した映画「ラスト、コーション」(来年公開)の日本版イメージソングを歌うことが9日、分かった。タイトルは「夜想曲 noctune」で、主人公の男女の揺れ動く気持ちを表現したバラード。同映画のアン・リー監督(53)が中の歌声にほれ込んでの起用だ。

 映画「ブロークバック・マウンテン」(2005年)でアジア人初のアカデミー賞監督賞を受賞したアン監督が、新作のイメージソングに中を指名した。

 ベネチアで金獅子賞に輝いた「ラスト、コーション」は来年のアカデミー賞も有力視される話題作。中は昨年11月、日本に先駆けフルアルバム「触動心弦」を中国、香港、台湾限定で発売し、台湾チャートで1位を獲得している。

 先月の台北単独公演では2万5000人を集めるなど中華圏でも人気上昇中。日本配給を手がけるワイズポリシーが台湾出身のアン監督に中を推薦したところ、故郷の奄美大島の島唄(うた)をベースにした中の歌声を気に入ったという。

 「ラスト、コーション」は日本軍占領下にあった1942年の上海が舞台。香港俳優トニー・レオン(45)演じる軍人と、中国人女優タン・ウェイ(27)演じるスパイの禁断の愛を描く。アン監督の繊細な映像に合わせ「夜想曲 noctune」はピアノと弦楽器の伴奏によるバラードに仕上げた。

 映画は10月に全米公開されヒット中。アン監督は中華圏でのイメージソングを香港人気歌手のジャッキー・チュン(46)に依頼。中との二枚看板でアジア全域でのヒットを狙っている。

 中は「アン監督のお名前は知っていたので光栄に思ってます。コンサートを行った台湾と香港では公開されていて、人気を目の当たりにしていたのでうれしいです」。「夜想曲―」は劇場予告編やテレビCMで流れる予定で、来年2月6日発売のコンピレーションアルバム「IMAGE」に収録される。


ほう~、中さんが♪どんな感じのお歌なんだか今から楽しみです。
もちろん學友さんの歌も流れるんでしょうね。
スポンサーサイト
page top
Copyright © 2005 ★多謝!我愛梁朝偉★. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。