★多謝!我愛梁朝偉★
トニーレオンに関すること、トニーのお陰で観るようになった色んな映画のことなどを気ままに綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
昨日帰宅するとポストに「傷だらけの男たち」のDVDが入っていた。今日だったっけ?とスッカリ忘れていましたよ~
早速特典の方を観ました!まずはトニーさんの緊急来日舞台挨拶。
もうあの時の興奮が甦りますね~♪自分の後姿が映っているのを観ておかしくなる(笑)
皆さんの興奮状態が後姿でもバッチリわかりますよ~
嗚呼DVD観て一人でニヤけている私。帰ってから何もせずにTVにかぶりついていたので、飼い猫もウンザリ気味?(笑)
その他香港の記者会見や傷城日記、日本での金城さんと監督のインタヴュー。改めてあの映画の良さが伝わってきましたね。
おまけのフラッシュとやらはどうしたらいいのでしょうか??TSUTAYAで買われた方の内容がかなり気になるんですけど・・・

それと「ヒーリング・ハート」も昨日からレンタル開始ですね。発売よりも一月早くレンタルで観れるのですね・・まずレンタルしてみようかな?

今日は「SmaSTATOIN」を観ないと!月イチゴロー「ラスト、コーション」やります!WISEPOLICYさんブログより。ブランチとかでも取り上げてくれてなかったですよね。

アンディ・ラウとトニー・レオンが主演争い!?という興味を引くニュース コチラ バリー・ウォン監督の新作映画だそうです。

ラスト、コーション早くまた観に行きたいのですが、時間がなかなかね・・
平日仕事の後に観るには時間が長すぎて疲れそうだし、休みの日にゆったりした気持ちで再度観たいです!
私事ですが・・・先日仕事関係で関わりのある事務所を訪ねました。そいで「よかったらお昼一緒にどうですか?」と言って下さった。でも時間もお昼にはまだ早く、帰ってやる仕事もたくさんだし今回は遠慮しました。でもね、その方の喋り方、身のこなし、ラスト、コーションのイーがレストランでマイ婦人に話しかける感じに似ていたので、一瞬ですがドキっとしてしまいました。歳も同じような感じだし(笑)ハハハ・・もちろんイーには敵いっこないですけど。

トニーもバレンタイン付近に日本に来ていたようで。休暇に日本を選んでくれるのは有難いですよね。偶然でもいいから会いたかったです♪
スポンサーサイト
page top
CATEGORY : その他
周杰倫世界巡迴2008日本演唱會
DATE : 2008-02-18-Mon  Trackback 0  Comment 2
2月16日武道館で行われたジェイ・チョウのコンサートに行って来ました♪

jay3.jpg

今回初めて行ったのですが、良かったです!!あの武道館が満席になるなんてすごいですよね。ジェイの曲も少ししか知らずに行ったのですが楽しめました。
登場した途端・・か、かわいい!  美空ひばり並みの羽付きでの登場~
衣装もギンギラギンからタキシードにストリート系とバラエティに富んで、バックダンサーや派手なオネエさん、台湾で話題のグループ歌手の飛び入り参加ありで、ジェイ自身も日本語を少し話してくれ、「そんなの関係ねえ」も何度か(笑)ますますお茶目で癒されました

jay2.jpg

会場にはお母さんとお婆ちゃんも来ていたようで、お母さんのことを歌った歌も良かったです。あんな息子が居たら・・とすごく羨ましかった♪どうやら日本にも何日か前に来てずっと滞在していたようですね。バレンタインデーは母と。というニュースの見出しもありました。
ジェイはもうすぐ30になるとは思えないほど若いです。どうしてこんなに人気があるのかわかりました。とにかく魅力的な人でした
会場は中国や台湾の方も非常に多く、日本語に訳す前にドっと笑いが起こっていました。
同じ列の左の方の方、終わりに近づくにつれテンションが上がってきて立って飛び跳ねておりました。座ってると少し振動を感じましたから、もしかして武道館揺れてた?
武道館なんてかなり前にSTINGのコンサートで来た以来でしたので、やっぱり日本て感じですね~。でっかい日の丸がぶら下がってて。
ジェイの歌も知ってるのが何曲かかかって、スクリーンに歌詞が日本語で出たりでとても見やすかったです。舞台の演出も素晴らしかった!
曲調も中華系~ウェスタン調、アイリッシュ、ラップに三味線まで!?さすがピアノは上手。日本語で「雪の華」「桃太郎さん」を歌ってくれた。
歌はともかく、スクリーンに映し出される映像もとても良かったです♪途中チョウ・ユンファとジャッキーチュンが映り、ジャッキーの歌声一瞬でしたが痺れました・・さすがです。
ジェイの才能って止まることを知らないですねぇ・・カリスマと言われる所以が納得です。
これから公開の映画も2つあるし、是非観に行きたいと思います!

jay.jpg


page top
CATEGORY : トニーの映画
「ラスト、コーション」色、戒
DATE : 2008-02-06-Wed  Trackback 0  Comment 6
ジャパンプレミアで初めて観た時も後からジワジワきて、公開初日に2回目を観るまで切ない気持でいっぱいでした。
この映画は新人女優タン・ウェイが主役の映画。新人であそこまで演じられたのはトニーが相手だったからこそですよね♪
イーの役をトニー以外の俳優が演じていたら・・あのシーンも、タン・ウェイもあそこまで上品にならなかったかなぁ。
タン・ウェイが撮影で初めてチャイナ服を着た時、感激のあまりはしゃいだという記事を読んで、女なら誰でもそうなるでしょうと思った。スタイルがいいからあの服装が似合うんだな~。
イーの奥さん役のジョアン・チェンも貫録あってチャイナ服がとても似合っていた。私も着てみたい!という気持ちにさせられた。あの服は半そでしかないのですかね?あ~一着欲しいです。
改めて原作本を再度読み直そうかと思っています。
しかし麻雀ばかりですね(笑)戦争中なのに優雅に麻雀ですよ。ああいうマダムがやってる麻雀シーンはキレイですね。子供の頃父親の友人が集まって夜中に麻雀やってた記憶がありますが、「あ~うるさい!」って思っていましたから。麻雀漫画には女の裸がつきものだとばかり思っていました(笑)

ワン・チアチーが何気なく加わった演劇サークルのおかげでとんでもない悲劇に巻き込まれてしまったのには切なかったですね。父親がイギリスへ渡って再婚したので半ばヤケになっていたのかとも思われる。演劇くらいで終わらせておけばいいのに・・・学生の分際で暗殺なんか。しかもワン・チアチーばかりが辛い目にあってるし。皆で大学の名前の入ったランニングを着て、食パン片手に騒いでる図はこの後の彼女の運命とのギャップが悲し過ぎた。
仲間と予行演習までしたのにイー達は香港を離れ上海へ行ってしまった。その後ワン・チアチーも上海の叔母宅に身を寄せることになる。その時のタン・ウェイの表情は後半とは比べ物にならないほどの童顔でした。そこでまた昔の仲間に出会ってしまったのが運命。彼らはワン・チアチーを探していたぽいですよね。そこで彼女もすんなりイー暗殺に関わる命令を受け入れたのが不思議だった。クァンが自分の愛する女性にこんな役をやらせるのが理解できなかった。

再会して初めてイーと関係を持つ時に、どうしてあんなに乱暴されたのでしょう?イーの性格の一部分が露出されたのでしょうか。次第に彼はマイ夫人(ワン・チアチー)に心を開いてゆくわけですが。問題のシーンも公開前に大騒ぎしていたほどではないな~と思いました。またそれを少し期待していった自分もアホだと思った。全然違う映画ですから。
ああいう形から入る愛も十分にアリだと思います。むしろそれが自然なのでは?とも思います。途中からマイ夫人の態度が本心なのか演技なのかわからなくなってくるほどでした。イーのことを本当に好きになってしまったのだと思いました。そうではないと言ってる評論家もいますが、実際のところどうなんでしょう。イーは間違いなくマイ夫人を愛していましたよね。でもマイ夫人はもう行き場のない自分の行く末も目に見え、イーの愛情に応えていたのかも?とも考えられました。
指輪のシーンは圧巻でした。あんな6カラットもあるピンクダイヤの周りに普通のダイヤを埋め尽くして・・・麻雀シーンでイーが言っていた「鳩の卵」状態でした。大きすぎてマイ夫人がはめた時少々違和感ありましたが、指輪を作ったという時点で愛は本物だったのかともとれます。あちらでは指輪の意味するものが重要だとか。しかも最上級の愛ですよね(笑)
あそこでイーを逃がす場面・・私もスクリーンを見ながら固唾を飲んでいた感じです。もちろん逃がせば自分はいずれ捕まる・・でも例え暗殺に成功してもその後のことはわからない・・
映画では「逃げて」原作では「早く行って」どちらもこの後起こる恐ろしい計画を匂わせています。イーの愛は本物だとわかり、女としても最高の瞬間を味わったということでこういう行動に出たのか。自分だったら・・と思うとどっちにしてもこの時点で終わるということでしょう。暗殺を辞めイーと共に生きるとしても仲間からの監視は続くわけだし、暗殺の計画をイーに喋れば自分は殺されるかもしれない。イーを殺してもその後自分も捕まるかもしれない。もう八方塞がりですよ。こうするしかなかったのかな~本当切ないです。
採石所で銃殺され、仲間と共に崖下の湖に捨てられるのはあまりにむごいです。
時代だな~と思う反面、若気の至りなのかなと思ったりもする。
切ない気持ちで観ていましたが、イーが宝石屋からものすごい勢いで逃げて車に飛び込むシーンにはビックリしました。今までのイーとのギャップが凄すぎる・・またうまい具合に車にポーンとダイブしてました(笑)

話違いますが↓の場面て映画にありました?



台湾版ノーカットのDVDがあるので後ほど確認してみたいと思います。
page top
いよいよ待ちに待った「ラスト、コーション」初日!行って参りました。
シャンテシネで15:45の回目指して家を出たのですが・・・・着いた時には売切の文字が。
もう席が無いってことでした。す、すごい!確かに初日だが、売り場にいた人の話では午前中に既に売切ぽかった?とかで。
ここはいつも長蛇の列になるのですが、この日もすごい!ズラ~っと並んでおりました。
急遽予定変更。19:00の回での鑑賞の座席引き換えをした。
他の上映館でも満員だったそうですね!おめでとうございます。

本当なら15時の会で鑑賞してその後トニーファンの友人達と新年会兼ねた食事会という予定でしたが、やっぱり映画が観たい!ってことで予約していたお店はキャンセルし、19時の上映まで皆で軽く食べてお茶して時間を潰しておりました♪ピザトースト激旨ですた

プレミアで一度観ているものの、早くまた観たいって思っていたので鼓動は高まります♪
新しいチラシも上映前は空になっていましたが、上映後にゲットでしました。プログラムもとっても素晴らしいです。是非買って下さい!トニー関連の本や雑誌もたくさん並べられておりました。
多分満席だったかな。老若男女入り乱れたくさんの人がこの映画を鑑賞しているのを見て、本当に嬉しくなりました。皆が苦労して作ったこの素晴らしい映画・・公開中もっとたくさんの人が観てくれるといいな~。2時間半くらいありますが、全然苦痛に感じないです。
感想はたくさんあるのでまた後日書きますが、切なさ倍増でしたね・・・あ~ぁ

ラストコーション1

私はここでイーとマイ夫人(ワン・チアチー)が再会する時の椅子に座っているトニーが彼女を見つめる目にグっときました。なんという目なの・・・ちょっとうつろで、でも間違いなく女を見る男の視線。そしてなんだか切ない表情・・・
多分また観に行ってしまうと思います。
page top
いよいよ「ラスト、コーション」が明日公開となりました♪
一度観た時も本当にいい映画だな~と思ったけど、毎日毎日色んなシーンを思い出しては、また観たい!って気持ちになりますね。
イーの役はやっぱりアン・リー監督の言うようにトニーが演じるのが一番だと思った。
あれだけ目で演技できる人だから今回のは本当にピッタリです。
今回も目で演技していましたね・・・もうトニーのあの瞳を思い出すたび切なくて・・・
あ~また明日大きなスクリーンで堪能してきます。どこまでも上品なトニーが早く観たい!

イーがワンにプレゼントした指輪・・本当に溜息もんです。
あれからネットでピンクダイヤの指輪を色々見ましたが、希少価値が高くどれもこれも高価です。一度でいいからあんな鳩の卵みたいな大きな石のついた指輪をはめてみたいです(笑)

少し似てる感じ。縦横逆だけど



庶民はこのようなもので我慢するとしますか(笑)

  

ピンクダイヤもどきでいいので指にはめたい心境です。

page top
Copyright © 2005 ★多謝!我愛梁朝偉★. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。