• 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 07
★多謝!我愛梁朝偉★
トニーレオンに関すること、トニーのお陰で観るようになった色んな映画のことなどを気ままに綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : その他洋画
「トラ・トラ・トラ!」を観ました
DATE : 2007-03-10-Sat  Trackback 0  Comment 0
FXBQC-1017.jpg今世紀最高最大のスケールで描く戦争スペクタクル巨篇!
太陽は昇った-昭和十六年十二月八日-- その真紅の朝焼けは、血と炎のドラマに ふさわしく大空をそめた--

製作国 アメリカ/日本 、初公開年月 1970/09/
監督: リチャード・フライシャー、舛田利雄、深作欣二
出演: マーティン・バルサム(キンメル太平洋艦隊司令長官)山村聡( 山本五十六海軍中将)ジェイソン・ロバーズ(ショート将軍)ジョセフ・コットン(スチムソン陸軍長官)三橋達也(源田少佐)ジェームズ・ホイットモア(ハルゼイ中将)東野英治朗(南雲中将)E・G・マーシャル(ブラットン大佐)田村高廣(淵田少佐)千田是也(首相近衛公爵)内田朝雄(東条英機)安部徹(大西参謀)他

先日BSで深夜やっていたので録画して観ました。昔の映画だしどうなんだろうとあまり期待せずに観たんですが、これは最高におもしろい映画でした。古いせいか日本人が喋る台詞が小さく早口で聞きずらい。音量をだいぶ上げてTVのそばで聞いていたくらいです。
お馴染み、真珠湾攻撃 を決行するまでのエピソードと実写版の戦闘機の攻撃。これだけ迫力ある映像を撮るのってすごい大変だったんでしょう。かかってる金額もハンパじゃないです。
この映画の良いところは、まるで日本人が主役で、よくアメリカの映画にありがちな間違った日本人の描き方でないことです。山本五十六も東条英機も本人に似ております。
和平か攻撃か色んな葛藤があり、傍から見ててもバカなことおっ始めたな~と思いました。最後に山本が言った「眠れる巨人を起こし、奮い立たせたも同然である」実際言ったかは不明だけど正に!ですよね。
出てくる戦闘機もほぼ原型を再現したとか、あの数には圧倒されました。アクロバットあり、急降下あり・・腕のいいパイロットをたくさん使ったんでしょう。
早朝薄闇の中真珠湾へ向かって飛び立つ戦闘機のかっこいいこと♪絵的にもとてもキレイでした。
見たことあると思ったら水戸黄門様も出ていましたね。日本軍のシーンとかで流れる音楽があちらの方がよく使う、琴や尺八のような音楽。なんか侍映画みたいでした。
日本軍の人達の会話もとてもくだけていておもしろかったです。クイズみたいなのをやってるんですが、敵の戦艦の影絵を見せて「これは何だ!」「アリゾナです!」その中に日本の戦艦を入れてみたりと引っ掛け問題まで出します(笑)
この映画で一目惚れした俳優さん、淵田少佐役の田村高廣さん、田村正和さんのお兄さんだったんですね!すっごくかっこいいです。この人が真珠湾奇襲に成功したという「トラ、トラ、トラや~!」を叫んだ時はゾクゾクしました。
爆破シーンも凄まじく良かったです。観ていてテンション一気に上がります。観ながらバーン!とかついつい言ってしまったり(笑)
敵に撃たれてもうアカンな飛行機は米軍の格納庫に体当たりで突っ込んで行きました。あの侍魂は日本人特有のものなんですかね。
オタクに思われるかもしれませんが、やっぱりレシプロ単発機はいいもんですな~。あの音がまたいいんです。以前こういう航空機を扱ってる仕事をしていたせいもありますが、結構好きです♪零戦も軽快でいいですが、紫電改、隼なんかもすごく好きです。
九州での飛行訓練の時に芸者さんらが飛んでる飛行機に向かって、歓声をあげ手を振ってるシーンがありますが、自分もあの時代に生きていたら間違いなく飛行機乗りに惚れたと思います。
下手にCGとか使わないほうがリアル感があって見ごたえある場合もありますね。これなんか正にそんな感じ。
田村さんの映画もっと色々観てみたくなりました。「兵隊やくざシリーズ」なんておもしろそう(笑)

tora2.jpg

スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 ★多謝!我愛梁朝偉★. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。