• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
★多謝!我愛梁朝偉★
トニーレオンに関すること、トニーのお陰で観るようになった色んな映画のことなどを気ままに綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : その他洋画
「ドリームガールズ」を観に行きました
DATE : 2007-04-11-Wed  Trackback 0  Comment 0
326032thumb004.jpg326032thumb007.jpg326032thumb011.jpg

原題 DREAMGIRLS 、製作年度 2006年、製作国・アメリカ
監督 ビル・コンドン、原作 トム・アイン
音楽 ヘンリー・クリーガー
出演 ジェイミー・フォックス 、ビヨンセ・ノウルズ 、エディ・マーフィ 、ジェニファー・ハドソン 、アニカ・ノニ・ローズ 、ダニー・グローヴァー 、キース・ロビンソン 、シャロン・リール 、ヒントン・バトル 、ジョン・リスゴー 、ロバート・チッチーニ

エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)の3人組は、コーラスグループ“ドリーメッツ”を結成し、成功を夢見てニューヨークへ旅立った。やり手マネージャーのカーティス(ジェイミー・フォックス)に見出され、大スターのジェームズ・“サンダー”・アーリー(エディ・マーフィ)のバックコーラスとしてデビューするが……。


観たい観たいと思いつつも、なかなか時間が取れずやっと観ることができました。一言、良かった!!
この手の音楽とか全く知らないし、実際のところどうなんだろう?と思い何も考えずに観ましたよ。これは素晴らしい♪映画代金でコンサートに行ったかのような錯覚に陥り、歌が終わる度に思わず拍手しそうになり、危ない危ない・・やはり大画面大音量で観るべき映画でした。
特にエフィー役のジェニファー・ハドソンの歌声には痺れました右尻あたりがゾゾゾ・・と。いい音楽聴くといつもゾゾゾとします。鳥肌立つってああいうことなんでしょうね
そして思い切り歌いたい心境になる映画ですね・・・自分声量ないからああいう風に大口あけて腹の底から歌える人見ると羨ましいです。やっぱり黒人の人は歌うまいなぁ・・・温かみがあるんですよね。だからソウルって言うんでしょうね。歌うことは体にもすごくいいことみたいですから、久々にカラオケにでも行きたくなりました(笑)

カーティスはマムシ野郎だと言われてたけど、やっぱり根はそうだったんだと思うと・・人間の欲望とは恐ろしいと感じました。黒人のために皆で頑張って歌って、アメリカで黒人の歌手の地位を獲得するのが当初の目的だったんでしょうけど、後には歌をビジネスとして扱うようになる。これはいたしかたないでしょうけど。エフィが抜ける時は悲しくて泣いてしまった。しかしあの時のエフィはすっごい!心の叫びでしたね。セリフもミュージカル仕立て。
エディマーフィーもああいう髪型するとかっこいいですね♪ビヨンセもほんとキレイでした・・・
裏切りや騙し合い、平気でやっちゃうんだからねぇ・・・金、金の世界ですか!
最後は皆さん原点に戻るっていうことで。しかし自分の理想とビジネスの間で衝突するのは止むを得ないですよね。自分がいいと思っていても売れるかどうかって話になるとね。

歌あり涙あり、人間の欲望ありの映画で、お金払った以上に満足できると思いました。(めずらしく正規の料金払って行ったけど後悔しなかったし)是非!


スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 ★多謝!我愛梁朝偉★. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。