• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
★多謝!我愛梁朝偉★
トニーレオンに関すること、トニーのお陰で観るようになった色んな映画のことなどを気ままに綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
initialD.jpg
出演:ジェイ・チョウ/鈴木杏/エディソン・チャン/ショーン・ユー/アンソニー・ウォンほか
製作:アンドリュー・ラウ 監督:アンドリュー・ラウ/アラン・マック 
<STORY>
家業である豆腐屋の配達をすることで、知らぬ間にドライビング・テクニックを自分 のモノにした藤原拓海。幼なじみの茂木なつきとの交際を始めたばかりの普通の高校生である彼の前に次々と現れる、スピードの魔力にとり付かれた峠のスペシャリスト たち。愛車ハチロク(トヨタ/AE86/トレノ)と父親・文太から受け継いだ天性の才能 を武器に、「赤城レッドサンズ」の高橋涼介や「妙義山ナイトキッズ」の中里毅らの 挑戦に立ち向かう拓海。秋名山の峠を舞台にドリフト・テクニックを競い合う。


映画館に観に行けなかったので、今更ながらレンタルで観ました。
出演者がいいのでね♪ショーン君のヒゲが一瞬ヤンぽくてドキっとしたり。日本の漫画原作、ロケも名前も日本なので、初めて吹替え版で観てしまいました。日本の話なのに広東語ってなんだかおもしろい。
あの黒のGTR当時のスカイラインは大好きでした。見るたびに「いいな~」って思ってた。ハチロクって車は始めて知った。拓海は中学生の頃から運転してたなんてお前は花形みつるか~。カーブを100キロで曲がるなんてすごいな!私は峠道の運転は苦手です。特に左カーブ。100キロでハンドル切るなんて腕が持たないよ。
何度も出てくるゲロッピなシーンはちょっと見たくなかった。苦手。
アンソニーウォンがいいおやじっぷりでしたね。あとチャップマントゥーは下半身がまん丸で太ってるんですね。相変わらずバカのキョンおバカな役が似合う。
拓海となつきの高校生カップルっぽいシーンはなんかカワイイ。
何度もレースをしているうちに、ハチロクのエンジンがダメになってしまう。その車になんとレース用のエンジンを乗っけてしまった、お父さん。息子に勝たせてあげたかったんだね~。酔っ払いおやじでもかつて自分が走り屋だった頃の夢を息子に託したのか?拓海が勝って帰って来るのを待ってた父。「乾杯しようや!」ってなんかいい感じでした。でも拓海はなつきとのことがありそれどころではない。でも最後ハッピーエンドじゃなかったのね。白ベンツのおじさんと別れた?のに拓海にも去られる・・

こないだ恋するハニカミで見た杏ちゃんとエヂ、とってもラブラブだったのがすごく印象的。映画ではそんなに接点なかったのに・・
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 ★多謝!我愛梁朝偉★. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。