• 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
★多謝!我愛梁朝偉★
トニーレオンに関すること、トニーのお陰で観るようになった色んな映画のことなどを気ままに綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : 日本映画
「地下鉄に乗って」を観に行きました
DATE : 2006-11-10-Fri  Trackback 0  Comment 0
20061107153110.jpg

2006年 日本
監督 篠原哲雄
原作 浅田次郎
出演 堤真一 、岡本綾 、常盤貴子 、大沢たかお 、田中泯 、笹野高史 、北条隆博 、吉行和子
(ストーリー)
衣料品の営業マンの長谷部(堤真一)は地下鉄の駅で父(大沢たかお)が倒れたという伝言を聞く。彼は地下道を歩きながら、暴君の父と口論して家を飛び出し、帰らぬ人となった兄のことを思い出していた。そのとき、彼の前を亡き兄に似た人影がよぎる。必死で追いかけて行くとそこはオリンピック景気に沸く昭和39年の東京だった。

かなり渋い映画館で鑑賞して来ました(笑)

人気のあるこの映画も私が行った所ではほぼ貸切状態で見られました。
王子シネマ渋いぜ~。何気に今はやりの映画やってるんですね!
タイムスリップする時空もので、泣けたし楽しめました!
地下鉄の階段を上って出口に出るとそこは昭和39年の自分の実家付近。まだそんなに昔ではないのか主人公長谷部が当時の住民に紛れてもあまり違和感なかった。その時自分の兄が事故に会って死ぬのを防ぐために行動に出るが、やっぱり過去がいじれないって言うか結局兄は事故で死んでしまった。
その後現実に戻ったり、もっと過去に行ったりで結構楽しかった。
自分の父が大嫌いで絶縁状態ではあったけど、結局自分も父と同じく実生活では妻の他に彼女を作っている。岡本綾さんて年上の男性との恋愛が似合いますね。堤真一とのラブラブな関係は年上の男と付き合う若い女性の感覚をすっごくリアルに演じていた。本当に愛し合ってるとああなんですよ♪
しかしその彼女が実は長谷部と異母兄弟だったとは!近親相姦ですよ。
それを知ってしまった彼女は自分が母のお腹にいる時代で自分を流産させて殺してしまうんですね・・なんか切なかった。
それでもとの時間に戻った時にはもう彼女の存在はない・・
不思議なことに長谷部と彼女は一緒に時空を移動してるんです。

暴君親父の過去はすごいわ。やっぱり戦後成功した人ってものすごく苦労しつつもヤリ手なんですよね。戦後闇市時代の場面もすごくおもしろかった。
お互い自分の親の子に対する愛情を強く感じる旅になっております。
父の若い頃の姿を見て、死期間近の父に対する蟠りも少しずつ溶けて許していく感じでした。
見終わって心が温かくなった映画でした。と同時にもっと親を大切に思いやろうという気持になりました。
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 ★多謝!我愛梁朝偉★. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。